社会保険労務士受験資格!総チェックサイト

法人役員もしくは事務従事者

社会保険労務士試験の受験資格は学歴の他、所定の「実務経験」を満たすことによっても満たすことが可能です。
そのひとつに、「労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除く。)又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者」という要件が挙げられていますが、これにはどのような方が該当するのでしょうか?

 本項目を噛み砕いて説明すると、「一般企業(法人)で労災や雇用、労働保険料などの労働関連、また、年金や健康保険など社会保険関連の実務に携わった者」と言い換えることができます。
冒頭に「役員」とありますが、「従事者」も付け加えられているので、役職に関係なく広く認められます。
一方、「役員」であっても該当事務の実施に携わっていなければ、社会保険労務士受験資格としては認められません。
また、「役員」の場合には「非常勤」の場合には該当せず、「常勤」であることが求められています。
その他、会社規模に関する規定はありませんので、どんなに小さな会社であっても、「法人」に該当していれば問題ありません。
社会保険労務士の受験資格として必要な実務経験期間は、「3年以上」となっています。
これは、合格後の指定講習が免除される実務経験の「2年以上」とは異なるので、注意が必要でしょう。

 これまでご紹介してきた基準から、ご自身が社会保険労務士の受験資格を満たしているのかどうかはある程度判断できると思います。
しかしながら、受験の際には必ず事業主の証明が求められるため、自己判断で試験申し込みに必要な書類を作成することはできません。

>>合格率が4倍にもなる話題の勉強法の中身とは?