社会保険労務士受験資格!総チェックサイト

その他実務経験

さて、これまで社会保険労務士試験の受験資格として認められる「実務経験」を様々ご紹介してまいりましたが、その範囲として認められるのはこれらのみにとどまりません。

「社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる者」
もしくは、
「労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務(ただし、このうち特別な判断を要しない単純な事務は除く。)に従事した期間が通算して3年以上になる者」
という項目に当てはまる方についても、広く社会保険労務士試験の受験資格として認められるようです。
ただし、「通算3年以上」は必須ですし、実務の内容に関して「あまりに単純なもの」は実務経験として認められないケースもあります。
ここで言う「単純なもの」とは何かといえば、単に書類のファイリングをするだけ、パソコンに入力をするだけ、といったような、事務職のさらに補助作業のようなイメージでしょうか。
まぁ、普通に考えればしっかりと正社員として該当業務に3年以上携わっていたのであれば、まず受験資格はありと考えてよいのではないかと思います。

 社会保険労務士試験の受験資格については「学歴」、「実務経験」、さらに次ページで解説する「特定の国家資格合格」などいくつかありますが、かなり幅広い人々に受験が認められていることが分かります。
すでにどこかのページでもお話しましたが、社労士については業務柄、あらゆる分野の専門性を持った人材というのが求められていることを象徴しているように思えますね。

>>合格率が4倍にもなる話題の勉強法の中身とは?