社会保険労務士受験資格!総チェックサイト

知っておきたい“合格のポイント”とは?

今や何年も不合格を繰り返す長期受験生の存在も珍しくない、社会保険労務士試験。
初学者が効率良く合格をきめるためのポイントとはどんな点にあるのでしょうか?

 確実に言えることは、社会保険労務士試験の合格者のほとんどが「すべてのポイントを完全に網羅しているわけではない」ということです。
もちろん、中にはかなり高いレベルまで習熟している受験生もいますが、こうした存在はごく一部の例外。
合格者の大半は勉強の過程において、合格に必要なことに的を絞って、効率の良い学習を実践しているのです。

 社会保険労務士試験のような難しい国家資格の場合、「より細かい知識まで覚えておかなければ合格できないのでは」と思われがちですが、こうした思い込みは思わぬ落とし穴につながりかねません。
合格に必要なのはあくまで全体の「70%」。裏返せば、残りの30%は正答できなくても良いのです。
社会保険労務士試験では近年、難問・奇問の出題が増えていることはすでにお話ししましたが、それでも全体の3割には達しません。
つまり、「あくまで基本のみを間違いなく押さえておけば合格できる」。
こう考えれば、社会保険労務士試験への挑戦もぐんと気が楽になりますね!

 その他、社労士試験では「問題文をよく読むこと」も重要です。
受験生をひっかけるため、わざと出題の文中で些細な誤りを作るような問題もありますから、緊張する心を落ち着けて問題文にはじっくりと目を通すことが必要なのです。
例年1点が合否を左右するテストですから、単純ミスは極力避けたいところですね。

>>合格率が4倍にもなる話題の勉強法の中身とは?